旧車 絶版車 いすゞ ベレット 1300DX 2ドア 昭和44年式 PR10型  お買い得車市場対象車両    【中古】 【アウトレット】




お買い得車市場対象車両!旧車も絶版車も大量ボーナスポイント進呈中!詳しくはこちら■メーカー名いすゞ■車名ベレット■グレード1300DX■年式昭和44年式■走行距離12400キロ    走行不明?■車検有効期限なし■ボディタイプ希少!2ドアセダン■色純正ライトブルー■修復歴 ■整備記録簿いただけなかったのが残念!■所有者履歴 ■ミッションフロア4速■排気量1300cc ガソリン■乗車定員5人乗名■型式PR10■装備 ■昭和44年の出来事◎東大「安田講堂」陥落◎レーサー福沢幸雄事故死◎東名高速道路全線開通◎原子力船「むつ」進水◎新宿フォークソング大集会に機動隊◎市川雷蔵死去◎アポロ1号月面着陸◎正力松太郎死去◎食品添加物チクロ全面禁止◎獅子文六死去◎大学紛争激化◎パンタロン流行◎漫画ブーム、サザエさん、巨人の星、あしたのジョーなど・・◎反戦フォーク流行◎総括◎黒猫のタンゴ◎ブルーライト・ヨコハマ◎男はつらいよbody,td,th {font-size: 12px;}.g12 {font-size: 12px;color: #7D7D7D;}国内小型乗用車初の4輪独立懸架。 国内小型乗用車初のディスクブレーキ。 国内乗用車初の「GT」グレード設定。 これらの偉業を具現化してみせた車こそ 今回ご紹介する、いすず・ベレットだ。 ベレットは、昭和38年6月に前年に登場した 「ベレル」の小型版として登場した。 「いすず」の社名は、 伊勢神宮を流れる五十鈴川に由来し、 鈴(BELL)と50を意味する(L)から、 ベレル(BELLEL)の車名が来ている。 さらにその造語が、ベレット(BELLET)だ。 元々トラック、バスメーカーであった「いすず」が、乗用車分野進出のために、英国・ルーツ自動車と提携し、昭和28年から昭和39年までの11年間、「ヒルマン・ミンクス」をノックダウン生産。技術の蓄積を図った。 その「いすず」が純然たる国産車として開発・生産した第一号が「ベレル」であり、時間的にかぶるが、ヒルマン・ミンクスの後継車として開発されたのが、ベレットというわけだ。 ベレットは、当初ファミリーカーとして発売され、セダンのみの設定であったが、のちに昭和の名車として語り継がれる「GT」「GTR」をラインナップに登場させている。また排気量やデザインのバリエーションも多岐に渡り、ヘッドライト形状も丸目2灯、4灯、現車の異形角目など。 テールレンズも多種あり、初期型は、その形状から「おにぎり」と呼ばれている。車体形状も4ドアセダンから始まり、2ドアセダン、ファストバック、 クーペ、ボンネットトラックの「ワスプ」、商用バンタイプの「エクスプレス」と、これまた幅広いバリエーションを誇る。 さて、現車を見てみよう。 これぞグリコのおまけ!(古) Wの希少度! レア度満点の角目、1300DXに加えて、 なんと2ドアのセダンタイプ。 これは珍しい!というより 当店でも初の入庫となる。 スペック上、走行不明にしたが、前オーナーさんの証言と、エンジンの快調さ、そして・・・シートの状態など見ていく限りでは、前オーナーさんの「実走行ですよ!」 も頷ける。残念なことに、右フェンダーミラーが割れているため、納車時には、新品のベレGミラーに付け替える予定。 ベレットは、「ベレG」と言われるように、GTやGTRが脚光を浴びるが、現車のような、陰のグレードは、逆に希少性に富み、味がある 「革命児」として受け入れられた「ベレット」。 登場以来11年間フルモデルチェンジをせずに、バリエーションを増やし続けたが、他メーカーの新型車が幅を効かせ始め、販売実績も下降の一途を辿り、昭和48年、「ジェミニ」を後継に、ベレット11年の歴史を閉じ、絶版となった。遠く昭和40年代に絶版になったのに、 今だ多くの愛好家を擁する「ベレット」。 旧車の中でも名車の呼び声高く。車名復活が望まれる1台だ。

■商品コード:sepia:10007588

レビュー平均:0.0

相互リンクサイト